ウインドウズ

Windows、ダウンロードファイルの「実行」と「保存」!

投稿日:2017年10月3日 更新日:

おはようございます。ここ数日間、続けて庭の片隅に「キジバト」の訪問があり、写真に収めることが出来ました。次々と様々な鳥たちが姿を見せてくれるので、嬉しい限りです。今日はWindowsのファイル「ダウンロード」ボタンについてメモしています。

インターネットからのダウンロードで悩むのが、保存するときのボタンの選択です。エクスプローラの場合には、実行ファイルの場合は「実行」と「保存」、その他のファイル(ZIPファイル等)では「開く」と「保存」のいずれかを選ぶことになります。それぞれには、この様な違いがあります。

「実行」「開く」と「保存」
「実行」とはダウンロードしたプログラムをダイレクトにインストールなどを実行することです。「開く」はダウンロードしたファイルをダイレクトに開くこと。「保存」はダウンロードしたファイルをいったんHDD等に保存すること。

簡単に結論を言うと、後で何度も再利用するつもりのファイルなら「保存」、1回だけの実行もしくは閲覧予定であれば「実行」「開く」を選ぶのが正解です。「実行」と「開く」を選択した場合保存される場所は「AppData]内にある深い階層のフォルダーに保存され通常は見ることが出来ません。

また、「保存」を選択した場合には「ダウンロード」フォルダーに保存されてインストール時に自分で保存先を選択できますので、ファイルの所在が分からなくなることがありません。。

特にHDDの容量を気にする時には、「実行」と「開く」で使用したアプリは、一時ファイルを作り、終了後別ファイルを保存して蓄積しますので、HDDに不要ファイルを貯めないように十分に注意しましょう。

私自身も、今まではあまり気にしたことがなかったので、今後はWindowsの賢い進化に対応できるように十分に研究したいと思います。
今日も1日楽しく過せます様に・・・

いちばんやさしい60代からのWindows10







-ウインドウズ
-

関連記事

紅葉

Windows、シニアはスマホに合わせて動画をリサイズ!

動画のサイズを最適化してファイル容量を小さくする。
スマホやタブレット等の端末で動画を再生する場合、画面より大きな解像度のものは自動的に縮小して表示される。再生自体に問題はないが、無駄に解像度が高くファイル容量が大きいものはスマホでは数多く持ち歩くことは出来ません。

Windows、「Windows 10 Fall Creators Update」のOneDrive! 

「ワンドライブ」の新機能。
今までは、「ワンドライブ」フォルダーにファイルを保存すると、クラウド上の「ワンドライブに自動的にアップロードされて、パソコンとクラウド上双方にファイルが保存されていました。しかし今回のアップデート後はクラウド上の「ワンドライブ」だけに保存し、パソコンには保存しないように出来ます。

Windows、シニアも「ごみ箱」から消したファイルを復活!

「Recuva-Portable」でファイルが復活。
まず、こちらから「Recuva-Portable」をダウンロード。ZIPファイルを解凍してファイルをUSBメモリーにコピーします。(64ビット版のWindowsを使用している時はRecuve64を使用)使い方は簡単で、ソフトを起動すると「Recuve 」という画面が表示されますが「Cancel」を押して閉じます。続いて「Option」タブを押して「General」タブを選択。「Language」欄で「Japanese」を選択して、日本語化されたのを確認して「OK」を押します。

no image

Google検索、シニアは「ツール」ボタンを活用!

おはようございます。長期間にわたり日本近辺に居座っていた台風5号も、ついに温帯低気圧に変わりました。その影響でしょうか、道内も昨日は一日中小雨が降ったり止んだりのお天気で、湿度だけが高い状態が続きまし …

no image

Windows、スタートメニューにフォルダを追加!

おはようございます。何故か昨日は一日中ただ何もせずに過ごしてしまいました。日頃の反動でしょうか、こんな日もあるのでですね。自分でも不思議でなりませんが、気力が湧いてこないのです。そんな時は無理をせずに …