ウインドウズ

Windows、エクスプローラで解凍と圧縮!

投稿日:

おはようございます。まったく青空の見えない一日が過ぎ、温度差が10℃以上もある日中気温になかなか順応できないことが、とてももどかしく感じています。7月もまた寒暖の繰り返しが続くのでしょうか。とても気になる今日この頃です。今日はWindowsのエクスプローラだけで、Zip形式ファイルの解凍と圧縮が簡単に出来る方法をメモします。

Zipファイルを選択するとこの画面になります

ZIP形式の圧縮ファイルを展開する
ZIP形式の圧縮ファイルはメールの添付ファイルなどでよく見られますが、エクスプローラで直接解凍(展開)が可能です。また、解凍(展開)する前に該当ファイルをダブルクリックすると内容を確認できます。この状態の時に、エクスプローラの表示は「圧縮フォルダーツール」が表示されています。そこで「すべて展開」をクリックすると圧縮ファイルは「展開」するフォルダを指定して「展開」出来ます。(該当ファイルを右クリックすることですぐに「展開」まで可能です)

 共有を選択するとこの画面になります

複数のファイルをZIP形式で圧縮する
複数のファイルを1つの圧縮ファイルにまとめたいときは、エクスプローラを開きまとめたい複数のファイルを選択して「共有」--->「Zip」をクリックすると圧縮ファイルが作成されます。あと、ファイル名は独自のファイル名に変更しておくと後々わかり易くなります。

また、使用されている圧縮ファイルの種類は沢山ありますが、ZIP形式ファイル以外のものは、別途アプリを用意しなければ対応できません。ただ、現在WindowsではほとんどがZIP形式ファイルなのでとても便利に活用しています。

Windowsパソコンを使用していると、エクセルやワードのファイルを複数まとめてメールに添付する機会が段々と増えてきます。このような時には是非活用すると便利でしょう。多くの知識を活用できるように、日ごろから研究を続けてゆきましょう。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ウインドウズ
-

関連記事

no image

今度のWindowsアップデートは成功!

Windows10 Creators Update 4月11日に公開されたwindows10のメジャーアップデートを、自動で配布さ れる前に手動で実行して見ました。新機能についての投稿は沢山あります …

Windows、「Windows Defender」セキュリティの新機能!

特定のフォルダー内のファイル操作を制限。
ウィンドウズ10に標準搭載されている、ウィンドウズディフェンダーはランサムウェア対策として、今回の「フォールクリエイターズアップデート」により新機能が追加されました。この新機能は特定のフォルダー内のファイル操作を制限することが出来るようになりました。

Windows、シニアも「ごみ箱」から消したファイルを復活!

「Recuva-Portable」でファイルが復活。
まず、こちらから「Recuva-Portable」をダウンロード。ZIPファイルを解凍してファイルをUSBメモリーにコピーします。(64ビット版のWindowsを使用している時はRecuve64を使用)使い方は簡単で、ソフトを起動すると「Recuve 」という画面が表示されますが「Cancel」を押して閉じます。続いて「Option」タブを押して「General」タブを選択。「Language」欄で「Japanese」を選択して、日本語化されたのを確認して「OK」を押します。

Google Map、指定した距離とエリアの総面積を測る!

指定した距離とエリアの総面積を測る。
パソコン版のGoogleマップで距離の計測は簡単に計測できます。スタート起点となる場所で右クリックし、表示されるメニューから「距離を測定」を選択する。終点でクリックすると2点間の距離が表示されます。地点は2点以上指定することができるので複数地点間の距離も測ることが可能です。この機能を応用して、細かく地点を設定することで曲線の距離も測定できます。

ウィンドウズ、「クイックアクセス」に操作履歴を残さない設定!

おはようございます。いつの時代も同じですが、使いやすくしたためにセキュリティに問題が生じる事が多々あります。今日はウィンドウズの便利な機能「クイックアクセス」機能を停止する方法をメモしています。