このエントリーをはてなブックマークに追加

エクセル

Excel、名簿にふりがなを表示するには!

投稿日:2018年9月4日 更新日:

おはようございます。Excelで名簿を作成する時にフリガナを付けると読み間違いが少なくなりますが、今日は関数を使った簡単な方法をメモしています。シニアにも出来る方法なので覚えておくと便利です。

【改良版】 スマートウォッチ 血圧計 心拍計 歩数計 itDEAL スマートブレスレット IP67防水 睡眠検測 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line通知 長座注意 活動量計 日本語対応 iPhone/iOS/Android対応 2018最新版 (ブラック)

名簿に記載する氏名には、読み間違いのないように「ふりがな」を記載していものです。ExcelではPHONETIC関数を使うことで」、簡単にふりがなを表示することが出来ます。では、どの情報を使用しているかというと氏名を入力したセルの内容をPHONETIC関数で参照しています。

  

このふりがな表示は、最初はカタカナで表示されますが、「ふりがな設定」をつかって、後からひらがなや半角カタカナに変更することも出来ます。ここでは、氏名(A列)のふりがなをB列に表示する方法。

PHONETIC関数
この関数の記述は =PHONETIC(参照)となりますので、今回の参照はふりがなを表示する元の文字列やセルなので =PHONETIC(A4)となります。

今回は、氏名(A列)のふりがなをB列に表示したいので、B4セルのPHONETIC関数を上記の内容で入力します。あとは表示したい箇所までコピーをすると終了します。

文字の種類を変更
ふりがな文字の種類を変更するには、セルの範囲を指定し、「ホーム」タブーーー>「フォント」「ふりがな表示/非表示」の▼から「ふりがな設定」をクリックします。また、ふりがなが間違って表示された場合には、同じ▼から「ふりがなの編集」をクリックして修正を行います。

ふりがなを表示するには、いくつか方法がありますがその一つとして覚えておくと便利ではないでしょうか。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・







-エクセル
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.