「 スマホアプリ 」 一覧

スマホ、シニアも分かる「リツイート」と「引用ツイート」!

「リツイート」と「引用ツイート」。
ツイートとは、「Twitter」で、書き込み(メッセージ)を投稿すること、および、投稿されたメッセージのことですが、他のユーザーのツイートを自分のタイムラインに再投稿することを、「リツイート(RT)」といいます。

八重桜に咲いた雪

スマホ、シニアにも出来る「LINE」過去の投稿を修正!

「LINE」投稿文の内容修正。
タイムラインの投稿は、いつでも修正したり削除したり出来ます。急いで投稿する時などは投稿文に誤字脱字があったり、追記が必要な場合があります。そのような時には、投稿内容を遡って編集することが出来ます。

庭の雪

スマホ、シニアも「SNS」で「ハッシュタグ」を使いこなせる!

「ハッシュタグ」を使いこなす。
「#」から始まる「ハッシュタグ」を付けて投稿すると、同じ「ハッシュタグ」が付いた投稿をまとめて見ることが出来ます。「ハッシュタグ」とは、Twitterを中心としたSNS(Facebook,LINE,Instagram,Google+等)で、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#」(半角のシャープ)」がついたキーワードのことです。

スマホ、シニアもFacebookの友達をリスト分けで見やすく!

Facebookの友達をリスト分け。
「リスト」は友達を分類して整理するための機能です。予め用意された「親しい友だち」や「知り合い」などの項目を選択することで、簡単に分類お出来ます。そのリストに登録している友達の投稿だけをまとめて見ることが出来ます。

八重桜最後の一枚

スマホ、シニアは「SNS」をまとめて管理する!

「SNS」を「Hootsuite」でまとめて管理。
まず、「Playストア」からアプリをインストールして、ホーム画面から起動します。最初に「Hootsuite」の登録をしますが、FacebookやTwitter、Googleアカウント等でログインが出来ます。その後のSNS連携画面では登録するSNSを選択し、ここで「ユーザー名」「パスワード」を入力してログインをタップします。

公園の紅葉

スマホ、シニアの「Twitter」事情「読むだけ」がほとんど!

シニアはTwitterを「読むだけ」で利用。
特に、シニア層では「読むだけ」の方が圧倒的に多いようです。原因は様々あるでしょうが、シニアには文字数を沢山入力したい方が多いようですので、自然と「読むだけ」になるようです。この状況は私も同じ状態ですが、情報収集にはとても便利に活用させてもらっています。

海岸

スマホ、シニアも知ろう「LINE」「知り合いかも?」に表示される仕組み!

2017/11/15   -LINE
 , ,

「知り合いかも?」に表示される仕組み。
ここで、表示される経緯を考えてみると、幾つかの理由が考えられるはずです。まず4つ考えられます。相手が自分の電話番号を知っていて、電話帳に登録したり、電話番号検索をしたりした場合。 相手が自分のIDを知っていて、ID検索をした場合。

スマホ、シニアはMessengerアプリで無料通話を楽しむ!

Facebook Messengerで出来ること。
無料通話・・・オンライン中の友達と音声通話をが出来ます。データ通信なので通話料がかかりません。
ビデオ通話・・・相手がスマホやパソコンでWebカメラを使っているなら、ビデオ通話が出来ますが、データ通信なので通話料はかかりません。

河口の風景

スマホ、シニアは自分好みのロック画面で気分も一新!

「Solo ロッカーマスター」ロック画面で気分も一新。
スマホにも慣れてくると、ロック画面を自由にカスタマイズしたいと思うことが出てきます。そのような時には、「Solo ロッカーマスター」アプリを活用してロック画面の「設定」を変更して楽しむ事も出来ます。

公園紅葉

スマホ、通信容量を圧縮する軽いブラウザ「クローム」!

クロームの特色が通信量の圧縮機能。
自動で表示データを圧縮してくれる機能があります。通信容量を圧縮するブラウザとして有名な「Opera」と同じように通信を軽量化出来る仕組みを持っています

公園の紅葉

スマホ、シニアも使えるアドビ純正アプリAdobe Scan!

撮影すると自動で文字認識とPDF化。
スマホのカメラで撮影するだけで、PDFを作成してくれる無料アプリは沢山有りますが今年6月に公開されたアドビ純正のスマホアプリ「Adobe Scan」は複数ページのPDFも作成できる、アドビ純正ならではの使い勝手の良いスキャナーアプリです。

スマホ、画面固定も自動回転もアプリ毎に自在設定!

アプリ毎に使いやすい画面の向きに。
たとえば、動画アプリは横向き固定、電子書籍アプリは縦向き固定など、アプリによって使いたい画面の向きは人によって異なります。しかし、そのたびに自動回転のオン/オフを切り替えるのは大変面倒なことです。

スマホ、シニアはWordでPDFを開いて編集!

WordならPDFを開いて編集できる。
あまり知られていませんが、Word2013以降であれば起動してPDFファイルを選択して開くことが出来ます。ただし、必ずしもすべてのPDFファイルが正確に表示されるわけではなく、レイアウトが崩れたり、フォントが変わったりすることもあります。

スマホ、シニアにも出来るPDFの作成と編集!

スマホでPDFの作成と編集。
PDFはパソコンでないと作れないと思っている人も居るでしょうが、スマホでも作ることができますし、見ることも編集することも可能です。外出先など、スマホでPDFファイルを見ていると「大事な箇所に線を引きたい」など、編集を加えたいと思う時もあるでしょう。

公園の紅葉

スマホ、LINEトークの誤送信防止とショートカット作成!

2017/11/03   -LINE
 , ,

LINEトークの誤送信を防ぐには。
メッセージを書いている途中なのに、「改行」を押して間違ってメッセージを送ってしまった事はないでしょうか。以外と多いかもしれませんね。そのような誤送信を防ぐためには、少しだけ「設定」を変更しましょう。




PVアクセスランキング にほんブログ村