テニスコートと4つの画鋲!

この暖かさはいつまで続くのだろうか、再び寒さは来ないのでしょうか。
雪が完全に視界から消えて、埃の舞う道路を見ているとついつい学生時代を
思い出します。この時期はテニスコートのローラー引きに明け暮れいました。

高校の時も、大学の時も春は鉄製の重たいローラーを部員全員で引く事から
練習がスタートします。小石を拾い、デコボコを修正してイレギュラーしな
いような平らなコートづくりが最重要課題です。大変な作業ですが、春先に
屋外で過ごせることが楽しかったのでしょう、まったく嫌な思い出はありま
せん。

次は、ある程度平らに仕上がった地面に白線を引く作業があります。ロープ
を使い正確に寸法を測り、白い粉を使いテニスコートを完成させます。この
段階までに数日間を要しますが、ワクワク感一杯の作業でした。

軟式テニスのコート作りには、また一つ変わった思い出があります。大学2年
になり、あまり成績も振るわず悶々としていた時期に、本州遠征の機会があり
一流選手の一人が「寝るときにもテニスの事を考えるように」「テニスコート」
を模造紙に書き天井に貼ったと発言しているのを聞き、咄嗟にこれだと思いま
した。

地元に帰り、早速自分の部屋の天井に、模造紙にマジックで実寸の何分の一かは
忘れましたが書いて貼りました。そうして、前衛、後衛自分も含めて4名は画鋲
で位置決めをしました。その日から、布団に入ると画鋲が4つ付いたテニスコー
トがいつも頭上にありました。

こうすると、寝ても覚めてもテニスのことばかり考えるようになり、いつの間に
か様々なシュミレーションを普段でも出来るようになってきました。当時は特別
ことをしている感覚もなく、また、他の部員に話すこともなかったのですが今思
えば随分と役立ち、成績にも変化が表れてきました。素直に実行してみる大切さ
を実感した体験です。 素直さは大事!