ソフトテニス

とても、恥ずかしかったこと

投稿日:2017年3月26日 更新日:

高校三年間続けた軟式テニス(ソフトテニス)、大学でも当然のことのようにこの生活がスタートしました。春になり雪が溶けると早速春季合宿が始まります。当時は、地方での合宿のため約一週間ほどの共同生活だった気がします。

合宿所からテニスコートまで歩いて20分位かかるのですが、毎日その行き帰り部員全員で整列し、部旗を先頭に大声で歌を歌いながら行進しました。地方都市とはいえ一週間もの間、街の中を大学生がエールを切り、大声で学生歌を歌いながら行進するのはとても恥ずかしく、思い出すといつも赤面してしまいます。決して誇らしいものではありませんでした。

もう一つ、生まれて初めて「坊主頭」になったことも決して忘れられません。この時が最初で最後でした。一年生で右も左もわからず、先輩達の言うことは絶対毎朝毎晩学生歌、優勝歌、エールなど覚えることが山のようにありました。応援の声出しもしかり、睡眠不足の極致でしたが、あまり嫌だとは感じませんでした。それは、練習には何とかついて行けたからです。しかし、考えてみるとさすがに高校生と大学生のレベルは桁違いで、合宿初日には先輩のボールを打ち返せず、相手のコートにボールが返らないのです。その時の悔しさが四年間の支えとなり、人一倍練習に励んだものです。

今、この年代になって思い出しても恥ずかしいことは「合宿での大声行進」と「坊主頭」これに勝るものはありません。その後のテニス活動四年間は、楽しかったこと辛かったこと、誇らしかったことなど沢山ありましたが、今でも鮮明に蘇る、ほぼ半世紀程前のこのこと以上に恥ずかしい出来事がないのは、今となってはとても幸せな事です。ですが、大学生活で思い出すことに、学びの記憶がないのはどうしてなのでしょう。とても、複雑な心境ですね。







-ソフトテニス

関連記事

ソフトテニス、1冊のドローで蘇る記憶!

1冊のドローで蘇る記憶。
何気なく、書類整理をしている時に見つけた1冊のドロー(テニスなどの競技の組み合わせの抽選。また、そうして出来た組み合わせ)一瞬にして、記憶は高校時代にフラッシュバック。そう、このドローは数年前OB会の席で後輩からプレゼントされたもの、第一回の優勝者に記載されていたので記念にと渡してくれました・・・感謝!

no image

ソフトテニス、今でも忘れない「記憶なし」!

おはようございます。日中の暑さと朝晩の温度差が日を追うごとに拡がって来ます。新しい安倍内閣の顔ぶれが新聞紙上には大きく取り上げられていますが、国内外の情勢が緊迫し課題が山積する中、安定した対応を期待し …

no image

久しぶりのOB会も学びの場

まだ寒さの厳しい2月、年に一度開催される軟式テニスOB会に参加してきました。何と、一番年長者のテーブルに名前があり改めて月日の流れを感じます。当日参加の30名弱の出席者は、現役学生数名から先輩まで賑や …

no image

暑かった、テニスコート!

今日も一日暑くなりました。早朝より少し遠くまで出かけて、40数年ぶりに軟式テニスコートに足を踏み入れました。先輩3名、後輩1名と5名で春季合宿に特別参加をしました。後輩が運転を担当してくれて片道2時間 …

no image

テニスコートと4つの画鋲!

この暖かさはいつまで続くのだろうか、再び寒さは来ないのでしょうか。 雪が完全に視界から消えて、埃の舞う道路を見ているとついつい学生時代を 思い出します。この時期はテニスコートのローラー引きに明け暮れい …




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。