スマホ、iPhoneからAndroidにデータを簡単に移行!

おはようございます。昨日は一日爽やかな秋空でしたが、久しぶりに積丹半島を少しだけドライブ。でも、釣行はまったくの成果なし。今年のサケ釣りはゼロで終わりそうな予感です。今日はiPhoneからAndroid携帯への簡単なデータ移行方法をメモしています。

iPhoneからAndroidにデータを簡単に移行
電話帳やカレンダーの予定、写真などの基本的なデータの移行は「JSバックアップ」を使うと簡単に出来ます。「JSバックアップ」の使用方法については5月13日の投稿記事で詳しく説明していますので詳細は控えますが、データの移行にはiPhone側でバックアップしてAndroid側で復元することで完了します。

今回必要なのがiPhone側でのバックアップ先を「Dropbox」や「googleドライブ」等のクラウドサービスに設定するので、このサービスに登録を完了していることが、事前準備として必要なこととなります。

  iPhoneでバックアップAndroidで復元

ここでは、もう一度「JSバックアップ」の使用方法について記載しておきたいと思います。iPhone側で「JSバックアップ」を起動して「バックアップする」をタップします。バックアップ先を選択します。「クラウド」と「SDカード」が選択できますが「クラウド」、今回はDropboxを選択しています。「バックアップ」するデータの種類も選択できますので、全てが終了すると「バックアップスタート」をタップします。

バックアップが終了したら、データエラーが無いか確認して終了します。Android側ではまず「JSバックアップ」を起動して「復元する」をタップしてクラウドから復元します。特に難しいことはありませんが、同じアプリを使用しますので、この逆のパターンでも通用するでしょう。ただし、音楽と動画のファイル形式には十分気をつけましょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・