スマホ、シニアも使うLINEの「Keep」!

おはようございます。気温19℃、道行く人は皆傘を拡げている今朝の道都ですが、今日は一日この状態が続きそうです。随分と伸びていた家の周りの雑草も、昨日のうちに綺麗に刈り取ってしまいましたので、心穏やかに外を眺めています。実にグットタイミング。 今日は昨日に引き続きLINE機能の一つ「Keep」についてメモしています。

「Keep」は、テキストや写真、動画などのファイルを保存しておけるクラウドストレージ機能(端末内ではなく、ネット上)で、LINEで受信したデータが保存の対象となりますが、「スマホ」内に保存してあるデータも「Keep」にストックすることができます。1GBまでのデータを無期限で保存できますが、ファイル容量が50MBを超えるものは保存期間が30日間に制限されるため、容量の大きいファイルの保存には注意が必要です。

「Keep」内を確認するのは、LINEの友だち一覧から自分のプロフィールを開いて「Keep」をタップする事でアクセスできます。またはその他タブの設定→プロフィールと進み、プロフィール設定画面で「Keep」をタップしてもアクセスが可能です。

 長押ししてここでタップ

「Keep」への保存は、LINEのトークから保存する方法と、「Keep」に直接アップロードする2つの方法があります。LINEのトークで受け取ったメッセージや写真などを保存するには、保存したいものを長押しして表示されるメニューから、「Keepに保存」をタップするだけです。

 +を押すと選択画面が出てきます

また、「Keep」の画面を表示し、上部にある+ボタンをタップすると、写真や動画、ファイルを選択するメニューが表示されるので、いずれかを選択します。「スマホ」のデータだけではなく、SDカードや他のストレージからアップロードすることも可能です。写真は、オリジナル画質のチェックを入れると、圧縮されずにオリジナルの画質で保存できます。

この様に、少しでも工夫をして「スマホ」の容量が足りなくならないように、動作が緩慢にならないように十分気をつけましょう。できることは自分で実行しましょう。
今日も1日楽しく過ごせます様に・・・