メール、「TO(宛先)」「CC」「BCC」の違い!

おはようございます。ここしばらくの間は、晴れ間が見えない日が続きそうです。台風5号からの温帯低気圧の影響は、予想していたよりも少なく以外と穏やかな感じです。でも、長期間にわたり全国的に大きな被害をもたらしたのは残念ですね。今日はメール作成の基本、「TO:」「CC」「BCC」意味と使い方についてメモしています。

  メールアプリを問わず同じルールで使えます

「TO:(宛先)」でメールを送信する
簡単に表現すると「TO:(宛先)はあなたですよ、あなたに送っています」という意味です。ここで、気を付けたいのですが、TO:(宛先)に複数人を入力すると、入力された人のメールアドレスが全て全員に届くということです。私も以前に受信メールの中に10人分の知らない人のメールアッドレスが入っていましたので、注意しましょう。

「CC」(カーボンコピー)でメール送信する
「CCは
TO(宛先)の人に送ったので念のため見てくださいね」という意味で話題を共有しておきたい人にメールを送ると時に使います。なお、「CC」で送信した宛先は受信者側も確認が出来ますし、メールアドレスは受信者すべてに表示されます。

「BCC」(ブラインドカーボンコピー)でメール送信する
「BCC」に指定したメールアドレスは受信者本人にしか表示されません。特定の人にだけ「やり取りをこっそり知らせておきたい」時に重宝します。「BCC」で送信した宛先は、受信者側では確認できません。

大まかに言うと、最初の2つ(TO:とCC)は受信者にメールアドレスが表示されますが、「BCC」だけはメールアドレスが受信者側に表示されないということですので、方法を十分に検討してから使用するようにしましょう。この基本を理解できると「パソコン」「スマホ」「タブレット」すべての「メールアプリ」で使用出来ますので有効活用がしましょう。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・