このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル

一年ぶりの積丹岳は、まだまだ残雪の中に!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

おはようございます。気温も上がりようやく今季はじめての釣行に出発。今日は昨年より10日も遅くなった積丹半島の釣行についてメモしています。今回はドライブが主となり、釣果はほとんどありませんでした。

この時期6月に入ってしまった積丹半島は全く釣れる魚種が変わってしまっています。防波堤から見える海水は、限りなく青く透明度も確実にアップして、海底が透き通って見えていました。いつも入っている漁港には人っ子一人釣り人がいませんでした。

釣り人が誰もいないというのは、全く釣れないということに他なりません。この時期はもう夜釣りか、船釣りなのでしょう。でも一年に一度は積丹岳を眺めにこの地を訪れるのを楽しみにしているので、とても楽しいドライブになりました。

自宅から往復で4時間ほど、今年は半島先端の防波堤で誰もいない中、3時間ほど自然と遊んできました。心地よい風を感じ、薄曇りとはいえ自然と汗をかいてきます。例年春の釣行でこんなに汗をかくことはありませんでした。

自宅に戻ったのが午後2時過ぎ、道具を洗いシャワーを浴びてコーヒーを落とし一休み、実に爽やかな気分でした。もちろん夕飯のビールが美味しかったのは言うまでもありません。

流石にこの時期の10日間の違いは大きいですね。でも、今年も一年を通して様々な釣りに挑戦できる自信も出来ました。ここ数年は随分と足腰が弱っていましたが、今年は少しだけ鍛えている成果が出ているようです。

やはり、朝夕のスクワットは大切ですね。もっともっと続けて行かなくては・・・
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・







-ライフスタイル
-,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.