Gmail

Gmail、Gメールで大容量ファイルを送るには!

投稿日:2018年3月29日 更新日:

おはようございます。今日はGメールで大容量のファイルをGoogle ドライブを使って相手に送る方法をメモしていますが、以外と設定変更が面倒なので時間に余裕のある時に実際に試してみて下さい。でも、覚えるととても便利ですよ。

Gメールで送信できるメールの上限サイズは25MBとなっています。この上限サイズを超える添付ファイルを送信したい場合には、Googleドライブ上にファイルを保存し、その共有リンクを取得してメールに挿入するのが一番のお薦めです。

この方法を使うと、添付するファイルの容量を気にすることなく、データを送ることが可能になります。メールの受信者はGoogleアカウントが必須となっていますので忘れないようにしましょう。また、設定の段階でこのリンクを開くことが出来る人を指定することが可能になっています。

     

まず、Gメールの新規メール作成画面で、画面下部の「ドライブ」アイコンをクリックします。次に、「アップロード」タブから「パソコンからファイルを選択」をクリックします。ファイル選択ダイアログが表示されますので、添付したいファイルを選択し、最後に「開く」をクリック。

ここで、ファイルの選択が終了したら「アップロード」をクリックします。これで、Googleドライブにファイルがアップ位ロードされ、メールにGoogleドライブのファイルリンクが挿入されます。

次に、必要事項を作成してから「送信」を押しますが、ここで、ファイルの共有方法を選択する画面が出る場合があります。この画面での選択肢は幾つかありますが、今回は受信者のみがファイルを開くことが出来る様に設定します。

共有方法の設定画面が出た場合は、「その他のオプション」をクリックして、「このメールの受信者:閲覧者」にチェックをいれます。後は「共有して送信」をクリックしてメッセージを送信します。(受信者が一人の場合には、共有方法の設定画面は出ないようです)

Googleサービスがまるごとわかる本 三才ムック vol.972

これで、リンクを挿入したメッセージが送信されましたが、今回は受信者だけがファイルを開くことが出来る様な設定にしています。

なお、受信者はリンクをクリックしてGoogle ドライブ上のファイルを開き、画面上にあるダウンロードアイコンから自身のパソコンにダウンロードすることが出来ます。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-Gmail
-,

関連記事

お花と孔雀蝶

Gメール、「すべてのメール」をメニューに表示する!

「すべてのメール」をメニューに表示。
アーカイブしたメールは「すべてのメール」を開くと見ることが出来るのですが、デフォルトでは「すべてのメール」は表示されていません。この状態で「すべてのメール」を表示するには「開く」をクリックして「すべてのメール」を選択する必要がありますが、決して簡単とは言えません。

Gメール、フィルタを使って不要なメールを自動削除!

フィルタ、を使って不要なメールを自動削除。
ダイレクトメールなどが沢山届くと、整理するのはとても大変ですが、そのような時にはフィルタ機能を使って自動で削除する設定にしておくといいでしょう。その概要は、自動削除したいメールを開き右上のメニューで「メールの自動振り分け設定」を選択します。

スマホ、Gメールアプリ不要なメールはすぐに削除!

スワイプでメールを削除。
通常の設定ではタイトルをスワイプするとメールは「アーカイブ」に送られますが、保存する必要のないメールは、アーカイブするよりも削除してしまいましょう。この様に削除する機会のほうが多ければ、スワイプの動作を切り替えてすぐに削除することが出来ます。

青空と雲

Gメール、シニアも特定のメールを自動で分類!

特定のメールを自動で分類。
メールをやり取りする機会の多い人は、毎回ラベルを付けて振り分けをするのがとても面倒な作業ですが、自動的にラベルをつける設定にしておくととても便利になります。こうした機能を有効的に活用してより効率的にGメールを運用しましょう。

no image

Gメールは「送信の取り消し」が可能!

おはようございます。いつになく早朝から活動を開始してブログを書き始めています。外はまだ車も少なく穏やかな一日を予感させますが、世界中でテロが続き明日は我が身かと思い悩む事も多くなってきました。なかなか …