このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

Facebook、自分の友達一覧を表示したくない時は!

投稿日:2018年3月22日 更新日:

おはようございます。最近のFacebookユーザーの多くはシニア層に移行してきているようです。上手に活用する事が大切ですね。今日は友達リストの「公開範囲」設定の変更と自分のプロフィールがどの様に相手に見えているかの「確認」方法についてメモしています。

自分の友達は初期設定では「公開」設定になっていますので、誰でも自由に見ることが出来ます。しかし、友達登録している人全員に自分の交際範囲を知られたくない場合もあるのではないでしょうか。その時には、パソコンで友達リストの公開範囲を変更しておきましょう。

世界一やさしいフェイスブック (世界一やさしいシリーズ)

まず、フェイスブック右上の名前からプロフィールページを開き、カバー写真下の「友達」をクリック。友達一覧が開くので、一覧の右上にあるボタン(管理)から「プライバシー設定を編集」を選択します。

次に、「プライバシー設定を編集」画面が表示されるので「友達リスト」の右にある公開範囲を変更します。ここは自分自身の決めた任意の設定にしますが、この設定を変更するにはしっかりと自分自身の基準を決めておくことが必要となります。

 

自分のプロフィールがどう見えているか
自分のプロフィールが相手にどの様に見えているかがとても気になるところですが、カバー写真右下の「アクティビティログを見る」をクリックして「プレビュー」をクリックすると自分のプロフィールがどの様に見えているかが分かります。

    

また、特定の友達にどう見えているかを確認したい時は、画面上部に表示される「特定の友達への表示のプレビュー」をクリックして、氏名を選択(数文字入力で候補が出ます)するとその相手からの見え方を確認できます。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-Facebook
-,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.